タグ別アーカイブ: 虚偽告訴罪

日本の500倍以上!?韓国司法における虚偽告訴罪の多さ

司法の世界には虚偽告訴罪(誣告罪)というのがある。

虚偽告訴罪

他人に刑罰や懲戒を受けさせる目的で、虚偽の罪で告訴・告発する罪のこと

韓国では虚偽の告訴や、虚偽の証言というのがとても多い国であり、韓国で2000〜2014年の間に発覚した虚偽告訴罪件数は年平均で4300件、1日に約12件の計算だ。

主要先進国の中では圧倒的に多く、日本と比べると500倍以上にもなる。

 

韓国の虚偽告訴罪には様々なケースがあり、数億円の投資をパーにされ投資会社を詐欺で起訴したバスケットボール選手。

「急いでくれますか?」と急かす乗客を脅迫・暴行した後に「客に暴行された」と開き直ったタクシー運転手の事件などが有名で、いずれも誣告罪で処罰されている。

 

また以前の彼女の家に上がりジュースを飲んで帰っただけにも関わらず、その翌週に女性から強姦されたと訴えられたという事案もある。最終的に示談になり、数百万円支払わされたということだ。